ゆうき「切り絵の過程」より:

yamato

"投票行動を起こさない事自体が政治を変える方向に動かないことは確かで完全に理想とする投票先がない中で「ベストでもベターでもないけど自分なりにグッド」な選択肢を考えて投票する、という訓練が後々の政治を変える基礎になるのは確か。"......

このノートを読む
    

あも

19 

ラーメン鍋が好き

"我が家にはいろいろな鍋があって、土鍋も圧力鍋も無水鍋も謎の素材で出来た片手鍋も鉄鍋もあるのだが、結局個人的にはアルマイトの鍋が最強なのだ。
火の通りの早さ、軽さ、手入れの楽さを考えるとささっと料理をするのに便利すぎる。"......

このノートを読む
    

レックス

35 

甘い罠

"外国から来た彼女達が纏っている "ゆるさ" "おおらかさ" って、これはお国柄ってやつなのかしらね。"......

このノートを読む
    

梟小僧

61 

学校で教えてあげてほしいこと

"仮に月8万円のバイト収入があるならば、毎月8千円=年9.6万円もの源泉徴収が返ってくる。"......

このノートを読む
    

asm

49 

実務的/無くした家族の探し方

"あの日のことは今でもよく覚えている。
「お父さん、行かないで!」と玄関で泣きじゃくっていたのと
衣装ケースを抱えて、こちらを振り返りもせず何も言わずに玄関を出て行った父親の背中。"......

このノートを読む
    

Koutarou-β

32 

善意と偽善なら偽善の方が価値があると思いたい

"中学生のとき、一つ上に片腕がない女性の先輩がいた。僕と彼女は同じ部活ということもあり話すことが多く、仲良くしてもらっていた。彼女は「これが(片腕がないのが)わたし!」と言わんばかりの元気ハツラツな性格だったせいか、僕は腕について何とも思ったこともないし、他者との違いについて考えたこともなかったのだけど、あるとき部活の最中に1人1つ机を階段下まで運ばなくてはいけないときがあって、僕はそのとき初めて片腕がない彼女にどう接していいか迷った。手伝うべきか否か。"......

このノートを読む
    

はるみん

50 

チヨさん、美容院に行く。

「チヨさん(祖母。93歳)と一緒に美容院に行くことになった。 」......

このノートを読む
    

十日自負☺

28 

嫌われ者は空気が読めていない人が多いが......

"「空気が読めない」うえで「嫌われる人」と「好かれる人」に分かれる要因は何なのか。それは「空気を読めない人を扱い慣れてる人」がその「空気を読めない人」を好きになるか嫌いになるかによる。というのが今回の仮説。"......

このノートを読む
    

みなぎ

23 

袖を縫う話 -図書館と中世ヨーロッパ服飾史

"中世は縫製技術がまだ未発達なので、服の見ごろと袖は独立していました。
着用の度に、服に袖を付けていたといいます。その方法はボタンの無い時代ですから、毎回意図と針で縫いつけていたのです。
なので、袖を取り外して恋人に贈ったり、受け取った騎士がそれを旗印にしたりということが一般的に行われたわけですね。"......

このノートを読む
    

ぽん

27 

あの飲み屋で3杯目に飲むサングリアくらいには

"先輩は背もたれに倒れこんで笑った。
最悪だよ、なんでお前彼氏いるんだよ、と先輩はまだ笑う。
わたしも笑った。ちょっとだけ切なくなった。このやり取り、あと何回出来るんでしょうね、先輩。"

このノートを読む
    
【編集後記】

11月18日のWebメディアびっくりセール、前回はユーザーさん同士の同窓会などもいくつか発生したようです。どうぞご活用くださいませ。
次回の配信は10月25日(水)辺りの予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓