他人を、自分を、褒めまくる。

ぽん

61 

「普通」をくれた人

"やっちゃんは途端に泣きだした。

「たぶん一生、忘れられない。
今まで会った中で、誰とも違う子だから。
特別な子だから。
大好きだった、大好きだった。
がんばれ。応援してる」"......

このノートを読む
    

不敵な博物館

13 

ほっこり族

"「何故、僕が住宅展示場に行かなくちゃ行けないんだろう? 」
「 来てくれなけば、私が殺されてしまうので 」と男の子は言う。寒さのせいか、殺されてしまう怖さのせいか、男の子は震えている。"......

このノートを読む
    

tshtch

48 

よきものの話

"まるで風のように、何かが横切った。

それはひょろっと背の高いサラリーマンと思しきスーツ姿の若い男性で、彼の手にはどこから取り出したのか真新しいミネラルウォーターのペットボトルが握られているかと思うと、小さく座り込む彼女の手にすっとそれを滑りこませた。
そしてそのまま、私のいるホームへと降りてきたのだ。扉が閉まりかけるのをひらりと半身でかわして。

2秒くらいの出来事だった。心が洗われた。彼が動いた跡が流星みたいに光って見えた。"......

このノートを読む
    

テラス席希望

24 

情熱のサポーター

"わたし自身も小さい頃から教育を受けた。新宿区に住んでいるのだからガラクシア新宿を応援しなさい。

何度も両親に言われたものだ。

学校でもガラクシアの歴史を学び、試合の分析をする授業まであった。"......

このノートを読む
    

はむかつ

14 

山頂で吼えるケモノと豚

"何をどうしてこうなったら、初対面のおじさんに
写真撮影を頼み、女豹のポーズを取る人生になるのか。"......

このノートを読む
    

アンフラマンス

20 

彼岸花

"「彼岸花っていうんですよ、これ」
と私が言うと、
「そうなんだ、ぴったりの名前だね。
なんだか、こんなに広がってるのをみたら、この世じゃないみたいで、こわくなる。」と、初めてこの花の名を知った部長が言った。
それを見てる部長の横顔がきれいだったので、彼岸花と、その横顔に、わたしはドキドキしてた。"......

このノートを読む
    

銀座愁流

31 

カラオケは遠い

"そんなのカンケーねーby小島よしお。

嘘だと思うなら試して欲しい。あのフリとポップスターはめちゃくちゃ合う。"......

このノートを読む
    

tonchiki

37 

チーズケーキとサラリーマン

"向こうから歩いてきた一人のサラリーマンが
わたくしに近づいてくるや、通り過ぎざま、言ったのだ。

「・・・落ち着け。」

わたくしは、食べるのをやめて
深呼吸をした。

あのサラリーマンは
「同志」だった。

全て判っている声だった。"......

このノートを読む
    

mouton14

"振り向いたら負けな気がしてー"ダサいと言われ続けても戻ってきたい場所がある。全ての始まりに立ち返り、夢を見させてくれたF.A.D横浜に伝言歌を捧げた夜sumika@リリース・ツアー初日

"音楽をやれること、しっかりと成長した背中をここに見せつけられたこと。
この一夜が、彼らの軌跡を物語っていて、そこに立ち会えた私たちはとても幸運だった。"......

このノートを読む
    

葉山

25 

褒める、褒められる

"今、母がモットーとしていた褒めることや褒められることの大切さを実感しているところだ。

働くことは当たり前じゃない。
頑張ることも当たり前じゃない。

頑張って起きて仕事に行って理不尽に呑まれながらも我武者羅に働いて、くたくたの体を引きずりながら最後の力を振り絞って帰宅する。
仕事をしている人に限らず、どんな人も一日のうちで頑張ることは何回もあるだろう。
学生なら人間関係やレポートで大変かもしれないし、専業主婦・主夫なら朝早くから起きてお弁当を作ることからはじまるかもしれないし、子どもが小さければ授乳の繰り返しでまともに寝ていない可能性すらある。
そんな個々の頑張りを〈当たり前〉とするメリットはあまりないような気がするので、私は意識してたくさん褒めるようにしている。"......

このノートを読む
    
【編集後記】

毎日のように、街行く人々の長袖:半袖の割合が変わる季節。体調管理が難しいですね。みなさまお風邪など引かれませぬよう。
次回の配信は10月4日(水)の予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓