ワンコとお散歩

SUSHI_BOY

21 

微妙なキーホルダーの楽しみ方

"「鹿の角を輪切りにしてキーホルダーにして売ろう!」と思った人が居て、「鹿の角を輪切りしたキーホルダーを買おう!」と思った人が居た、という事実に驚きを隠せません。需要と供給の関係を舐めてました。"......

このノートを読む
    

22 14 

"母はね、好みの男性を見ると...
「あれはなかなかハムサンだよ~。」
と言うのよ。"......

このノートを読む
    

食べてみそ

18 

"まったくの想定外の 顔とりかえ
その怖いトラウマ記憶しかない絵本が
アニメ化され一般化され
愛される作品になるなんて"......

このノートを読む
    

十日自負

38 11 

洋画の邦題がおかしくなる仕組み

"たとえば公開当時一部で叩かれた『ゼロ・グラビティ(2013)』は、原題の『Gravity』の意味を知っている日本人であれば「なんでゼロをつけるかな」と映画をラストまで観て思ったことだろう。でも、それは最後まで観ることができた観客だから言えるわけで、私の憶測に過ぎないが、担当者たちは本編を観られずに邦題を付けざるを得なかったのではないかと思っている。"......

このノートを読む
    

てーさん

ちょっかいかける系男子

"無関心か嫌われるか...とかいう難しい選択"......

このノートを読む
    

サトパラリ

54 

17.9歳

"人生90年とすると、私がこの家で暮らすのはその1/5だ。
1/5と言うと案外長く感じるけれども、この家で暮らさない時間が人生の4/5を占めると考えると、びっくりする。
今までの私は、どこで何をしたってこの家に帰ってきていた。この家があることを当たり前として私は生きていた。
でも、そうじゃない時間の方が圧倒的に長いのだ。"......

このノートを読む
    

みわ

26 

ハレとケ

"非日常的な場所で日常的な事をするとか、
特別な何かで普通の何かを作るとか。
そういう、「ハレとケの境目」のようなものに昔から心惹かれるのです。

たとえば
山あいのコテージに泊まった翌朝、
散歩がてら沢から汲んできた湧き水で淹れたコーヒー。

ベランダに引っ張り出してきたソファの上でする、日曜日の昼寝。"......

このノートを読む
    

梟小僧

53 

時代の変化は一瞬で起きるということ

"情報系や通信系、技術系の会社の多くでは、10年くらい前から「斜めがけ出来るショルダーバッグ、背負えるバッグ推薦」だと。
なんでも、酔っ払ってバッグを置き忘れたり、失くしたりする事件が相次いだのを受けて、手持ちではなく斜めがけ出来るバッグを推薦するようになったんだとか。"......

このノートを読む
    

ぎりさん

19 

傾聴ボランティア第六回目 〜自分と他人は対等。叫びの中にある真意を聴く

"わたしも彼女と会話をしていて「わたしの気持ちを全然わかってくれていない」ってよく言われるんですけど、それはわたしが良かれと思って解決策を言ったり諭したりしながらも、どこか彼女のことを「正すべき存在」だと思ってしゃべってるんですよね。そういう会話では気持ちをわかってほしい、聞いてもらって楽になりたいと思う彼女の心は晴れません。対等なんです、自分と他人とは。"......

このノートを読む
    

たけとま

44 12 

ヒコーキ雲

"妹の次女娘ちゃんはと言うと
お姉ちゃん大好きなんだけど、
お姉ちゃんに構われ過ぎると
ゴリラのように怒り出す。"......

このノートを読む
    
【編集後記】

iPad Pro+Apple Pencilのせいで、最近絵師と化しています。ツールが変わるだけでこんなにモチベーションが違うのか……
次回の配信は6月27日(火)前後の予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓