景「感じる」より:

SHIORIN

40 

入社式とセクハラ

「バイト時代も正社員になった今も、セクハラ発言は幾度となく受けておりますが。
約12年間記録し続けた『会社内セクハラノート』のコピーを年度末に提出しましてね。
セクハラを受けた日時と場所とシチュエーション、どのような内容だったかを細かく綴っているんです。
今年は会社内の環境が少しは改善されればいいなぁと思う次第です。」......

このノートを読む
    

くろすけ

51 

種明しはまだしない。

「『ドッグカフェっていうの見つけた! 今度行きたい!!』
うん、君犬派だしね。犬触りたいよね。わかる...わかるよ。

でもそれは『犬と一緒に入れるカフェ』であって、猫カフェとはちょっと違うんだ。」......

このノートを読む
    

みなぎ

29 

生理的嫌悪感にも理由がある

「嫌悪感とは、自覚のない偏見なのだ。」......

このノートを読む
    

あず

33 

「出身どこ?」の質問が嫌いなわけ。

「出身地は言うのに抵抗があった。
なぜなら、被災地出身だからだ。

私にとってこのやりとりは苦痛でしかなかった。

友達『出身どこ?』
私『◯◯県だよ』
友達『◯◯のどこ?』
私『ど田舎だよ(笑)』
友達『え、どこ?』
私『沿岸の方。◯◯ってところ』
友達『あぁ〜』

最後は『あぁ〜...』で終わるか『テレビで聞いたことはあるかな』で濁して終わるか。どっちにしろ、重い空気になる。」......

このノートを読む
    

ぱやん

20 

滑り込み大学デビュー

「ところで、この今までの準備が何かに似てるとずっと思ってたんだけど、アレだわ、桃太郎を出発させるおじいさんおばあさんの気持ちかもしれないな。
せっせときびだんご作る感じ。その先には何の手助けもできないしね。」......

このノートを読む
    

そろばん

29 

「今は亡き王女のための」の人

「その人の父親は広告写真を手がける売れっ子の写真家で、親戚には音楽家や文筆家など芸術系の人がいっぱいいた。その人自身もピアノがプロ級に上手かったのに、あっさりとやめてしまい、美大に通っていた。そこも小説と同じだった。

その小説に出てくるキャラクターのように、資質と環境に恵まれ、自意識がとっても肥大していて、人を傷つけるのが天才的に上手い人だった。ついでに言うと誰が見ても美人だった。」......

このノートを読む
    

たかのん

15 

ジャングル

「どうせなら時間指定を無料にして、指定しない場合は再配達になったら課金とかの方が良いんじゃなかろうか。」......

このノートを読む
    

おぎ。

19 

サークルで自殺未遂した話

「辛いことはきっとどこにでもあるけれど、
それが大きく大きくなって、
本当に死にたいと思うのなら、
一度やめなきゃいけない。

やめるのは疲れる。
疲れ果てて走っているのに、
新しく『止まる』っていうことをするのは、
混乱するし、勇気がいる。
自分の今までの努力が無駄だったのではと、
後悔するかもしれない。

それでも、死んじゃだめなんだと。
私は分かった。」......

このノートを読む
    

へなちょこ

55 

命あったらまるもうけ

「人はオギャーと産まれた瞬間から死とは切り離せなくなるのです。
鬱のあの時散々『死にたい』って思ってたのにさ、ガンの告知受けた時に『死ねないわ』って。
なんという御都合主義かと自分でも思うわ。」......

このノートを読む
    

カルダモン

19年ぶり2度目のサンティアゴ巡礼に旅立つ前に ②

「鼻血! までしか記憶がない。
次に目が覚めたら、何十頭もの羊に囲まれて、メーメー言われながら顔や手足をペロペロ舐められてました。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

納豆チャーハンを作りました。納豆を炒めるとき、ネバネバがなくなるまで炒めるのか、ネバネバは残すのかわからず、最後までモヤモヤしたままでした。
次回の配信は4月18日(火)前後の予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓