「トウモロコシの薄皮を三つ編みにしちゃうところがセンス」

tonchiki「ステキセンス」より:

chidaxxx

29 

DAVID BOWIE is

「端的にボウイのカッコよさを伝えると"人は変わることができる"というメッセージを体現していた点につきる。その時代や自分の置かれた状況からコンセプトを作り、キャラクター作りをし、楽曲を、アルバムを作る。なのでアルバムごとキャラクターが異なり、ツアーの衣装やステージングも変わる。

ヒットしたモノにしがみつかずに次へ行く。そしてまたヒットを産み、幾度かの黄金期を手にして行く。ボウイは知性で勝つミュージシャンなのだ。その姿勢がカッコいい。」......

このノートを読む
    

Hippy

15 

「たまに過去の自分を知る人と会うとその頃の自分を思い出し、気持ちが少し若返る。
その頃の友人たちが何を本当は考えていたかを知ることで昔より親密度が増した人もいた」......

このノートを読む
    

まいこ

37 

修学旅行に行かなかった

「小学校低学年の頃、
『◯◯くんは今ドイツに旅行中なので、明後日までお休みです。』
なんてことがざらにあった。お金持ちの私立学校...というわけではなく、父の海外勤務により日本人学校に通っていた。みんな自由だった。」......

このノートを読む
    

はなもと

19 

「好きなひとも、shortnoteをやっていたらいいのに。ここにはいろいろなこと、書けるよ。」......

このノートを読む
    

asaet

22 

毎日が漫画 9 クマ達

「『お嬢様のご容態はいかがでしょうか?弊社社員一同大変心配しております。
私共でさせていただけることは誠心誠意を持って対応させていただきます。
入院先に(入院なんて言ってない気がするが)
お嬢様にファーファのぬいぐるみをお届けにお見舞いさせていただけませんでしょうか?』

ぬいぐるみを持って?!お見舞い?!
ぬいぐるみをください!が、持参?

ひゃーひゃーそれはヤバイ!
治ってしまった私。。

来られちゃヤバイ!!」......

このノートを読む
    

グレゴリオ河野

34 

チョコレートの話

「兄は笑顔のまま、学校に消えていくばあちゃんの姿をずっと見ていたという。
それが、ばあちゃんが兄を見た最後だった。
数ヶ月後、兄は神風特攻隊として、お国の為に命を落とす。」......

このノートを読む
    

梟小僧

52 

阪神淡路大震災とダイエー中内功

「1995年1月17日を機に、日本に新しい概念が根ざした。
『スーパーはライフライン』
『企業は、大震災時に出来る限りの支援をする』
その基本は、中内功氏とダイエーが礎となったことを、みんな知ってほしい。そして、覚えておいて欲しい。」......

このノートを読む
    

こばやしかつと

25 

誇り高きウエスタンへようこそ

「うまくいえないけれど、西部の人間には誇りのようなものを感じる。どこか開拓者の気風が彼らの中に生きているせいなのかもしれない。
旅先でであった老人の一人が、
『この国はおれたちが作ったんだ』
といった時、はじめてアメリカ人の根幹にふれたような気がした。」......

このノートを読む
    

今和 こより

20 

ママのこと尊敬してるよ

「そんな会話の後に
朝ごはん食べながら
次男から出た言葉。
『オレ、ママのこと尊敬してるよ』」......

このノートを読む
    

SHIORIN

20 

道徳授業の教材になった女(前編)

「『O先生は昼休みに、私のことをデブデブって言いました。』
『前髪陰毛とかチリ毛とも言いました。』
『みんなはそんなに酷く言わないのに。私が悪いから前に呼び出されて一人立っています。』
保険の先生は真っ青。
O先生は(打ち合わせと違うっ!)的な表情を浮かべ、クラス全体からは『うわぁ......』って雰囲気が漂っていました。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

霜柱を見つけるとガシガシ踏みつけちゃう癖があります。この辺には滅多に出ないんだよなあ。
次回の配信は、1月31日(火)辺りの予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓