ぱやん「まったりみっちり」より:

みなぎ

24 

じゃない方のダリ

「ダリという人は本物の天才・鬼才になりたかった人で、それでもどうしようもなく一般人で。
才能あふれる秀才どまりの人だと私は思う。
直感で何かを生み出すことができず、ひたすら深い思想の果てに何かを生み出す人。
それは決して直感型の人間より劣っているわけではないのだけれど、でも時代的にそういう人が多かったのもあって、常識の枠内から抜け出すことにとても苦労をして、苦労をしなければ抜け出せないことにコンプレックスを抱えてしまったのだと思う。それが彼の露悪的な言動に表れているのだろう。
彼の作品はそうした悩みの果てにしか生み出せないものだと思う。私はとても好きだ。
本人は苦しいのだろうけれど、創作者にはぜひ苦しんでいただきたいものだ。」......

このノートを読む
    

うめきちお

24 

スピッツと私の20年

「スピッツに支えられた、なんて言える人生じゃない。ずっと大ファンだったわけじゃない。だけどこの曲が刺さる。これからまた高校時代のようにスピッツに興味を失う時期が来ても、他のアーティストにうつつを抜かす時が来ても、私のiPhoneの中にはスピッツの曲があり続けると思う。ラジカセの横にアルバムがずっとあったみたいに。」......

このノートを読む
    

はな*はな

45 

露出狂(おリボンの騎士)に遭った話

「私の口は、あろうことか騎士を前に次のサビの部分を口ずさんでしまった。

♪ね〜え〜
好っきなのよ
大好きなの
こういうのって

ね〜え〜
胸の中
熱くなるわ
せつなくって♪

騎士もまさか女学生がそんな反応をしめすとは思いもしなかったのであろう。

一瞬ピクッ!となった後、そぉっとロングコートの前を閉じるとそのまま一言も発することなく立ち去ってしまった。」......

このノートを読む
    

彷徨う筆

35 

最愛の妻はリウマチ

「月4万円だと年間48万円。彼女は現在25歳なので、90歳まで生きるとすると残り65年。となると合計3120万円也。まさに持ち家並みだ。しかしお金に代えられないものがある。彼女の私への愛はお金では買えないのである。」......

このノートを読む
    

踊る猫

11 

もし全身全霊を尽くして「やり切った」のだったら、悔いは残らないのです

「一生懸命やったことは、酷評されても、結果がダメでも、悔いは残らないものなのだな、と思いました。傷つかないようにしてヘラヘラ笑いながらやったことや、あるいは拙速に評価を求めて安直になにかを書いてしまう(手を抜いてしまう)ことは、それで傷がつかないのかと言えば逆なのです。むしろ、傷つかないように、スマートに要領良くやろうとしたことは傷がつきます。悔いが残るのです。」......

このノートを読む
    

chidaxxx

43 

イソフラ

「納豆に醤油かけて、冷奴にライドオンさせると"再会感"半端ない。
醤油「久しぶりだな!」
納豆「おう、やってやるぜ!」
豆腐「よし来い‼︎」
みたいな。」......

このノートを読む
    

レックス

42 12 

俺と息子とPSVR、そして嫁さんの笑顔

「誕生日でも記念日でもないのだけど、たまにプレゼントするのが俺の風習(笑)
嫁さんは自分で身に付ける物をなかなか買わない。買って良いよ、と言っても買おうとしない。まぁ俺がそんなに高給取りではないので気を使わせちゃってるのかもだけど。なので強引にプレゼントしちゃうのだ。」......

このノートを読む
    

みたらし

30 

ガチホラーなあ...(※ノット霊関係)

「あの会社に集まってたのは「技能や知識がないし下手をすると前科までついているから、他の会社では使ってくれない。だからどんなに扱いがひどくても、我慢するしか無い』という人たち。社長もそれを分かってて(わざとそういう人間を集めてた節もある)、最低の給料で社員を弄んでた。
けど、私は知識があったので、それを使ってどうにかこうにか逃げることができました。「あ、教育を受けさせてもらえたことって、こういう時に自分の身を守る盾になるんだな」と心底実感したのも、皮肉なことにあの時でしたよね...。」......

このノートを読む
    

掌編

21 

人造人間上沼恵美子2

「平野レミは既に次の手を打っていた。復活する上沼恵美子がクローン人間ならこちらもクローン人間で対抗すればいい。
彼女は持てる限りのコネクションを使ってある男の遺品、一本の眼鏡を入手する。そしてそこに付着していた髪の毛から最狂の武闘派兵士と成り得る男のクローン人間を5体作り出した。その男の名は横山やすし。」......

このノートを読む
    

とろろ

共に歩く存在

「ポケモンは所詮ゲームの中のデータでしかないのかもしれないが私はそうとは思えない。
幼い頃から近くにいて共に成長していった存在ではないかと思う。
家族や友達とはまた違った特別な存在。
不思議な不思議な生き物との旅は続いていく。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

アプリリリースから1週間経ちました(ラップ公開からも1週間経ったということですね……)。嬉しい感想もたくさんいただき、感謝に堪えません。今後もアップデートの予定がたくさんあるので、お楽しみに。
次回のShortNoteだよりの配信は8月9日(火)辺りの予定です。そしてその日は、MVN 2016の第二回発表日でもあります。どうぞよろしくお願いします。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓