もうすぐ夏

ゆう@勇「7/3 おはようございます」より:

しろっこ

19 

カステラと好きと幸せと

「自分から「好き」を発信することで、同じ「好き」を持った人が共感してくれる可能性が、ほんの少しだけ上がります。意外な知人が声をかけてくれたり、同じ趣味を持つ人とつながったり。そんな素敵イベントの発生率が、ほんの少しだけ上がるんです。」......

このノートを読む
    

華子

26 

アイドルはじめました。

「小さな女の子たちが、おこずかいの100円玉を握りしめて
プリパラに通う気持ち、ものすごくわかるし、ものすごく尊いなって思う。」......

このノートを読む
    

梟小僧

49 

「ほうれんそう(報連相)」って、今年で30年になるんだよ

「もし、後輩や部下のほうれんそうが足りないようなら、それは「自分の責任だ」と、自分を責めなくちゃいけない。
「自分は、上司・先輩として、報告しやすい、連絡しやすい、相談しやすい雰囲気をつくる努力をしているのか」と、まず、自問自答しなければならない。」......

このノートを読む
    

毛玉

40 

備忘録

「▪ストレス対策の極意「コーピング」
ストレスを感じたら気晴らしを行い、ストレスが紛れたかを自分で考える。ストレスが残っていると感じればさらに気晴らしを行うか、ちがう気晴らしを行う。
気分があがる行動をリストアップし、どれくらい気分があがったか点数をつける。(点数の項目:達成感/喜びと楽しみ)
点数の高いものは意識的に繰り返す。
ちなみにリストアップする気分があがる行動はなんでもいい。
公園を歩く、木に触れる、空を見る、歌をうたう、宝くじが当たる妄想をする、ビールを飲む、ねこに触るなどなど。ちいさなものでもたくさん書きだす。それによってすぐに行動に移せる。」......

このノートを読む
    

そらのいろ

49 

お母さん 大好き

「スプラトゥーンのゲーム内には他のプレイヤーがそこかしこに立ってる「広場」なるものがある。
立ってるプレイヤーに近づくと、そのプレイヤーの一言が表示される。

息子のそれはね、
なんと!
なんと!!
「お母さん大好き」なんだって!!!」......

このノートを読む
    

はごろも

35 

これは、愚痴なのかもしれない

「話を聞くなら忘れようよ、ってこと。
「私がこんなに辛い目にあってるのに、苦しい思いをしているのに、忘れるだと!?」と思われるかもしれないけど。
ネットで溢れる誰かのパーソナルな話、そこまで受け止めなきゃいけないか?
自分の中に良いスパイスとして効く程度で良くないか?

受け止めすぎる人、もらいすぎる人は浄化や自分を守る術を学んでいかなきゃいけないと私は思ってる。」......

このノートを読む
    

餅男

34 

「お前のような外道の冷血動物にとって育児とは何なのか?」と聞かれた時の回答

「仕事が死ぬほど忙しいうえにつまらなく、部屋にある本とレコードが火事で全部燃えてしまい、手に持っていた三億円は少し目を離した隙に謎のバッタとナメクジにみんな食われ、日本がロシア中国北朝鮮の連合軍と戦争を始めると同時にマグニチュード100の地震で国土が半分くらい海に沈んだとしても、子供さえ元気ならきっと絶望せずに生きていける。

逆に、降って湧いたような不労所得によって一生涯労働する必要がなくなり、空いた時間で適当に書き飛ばした小説が世界文学史に残る大著と評され、それを読んだ真木よう子、スカーレットヨハンソン、ペネロペクルスと深刻な三角四角関係に陥ったとしても、子供が学校で凄惨な虐めに遭っていたとしたら、恐らく幸福とは感じられない。」......

このノートを読む
    

紫煙

25 

連鎖

「イスラム教は、どんな方も受け入れます。
人種、性別、年齢、宗教。異教の方でも大丈夫、いつでも訪れてください。」......

このノートを読む
    

とろろ忍者

36 

あの時彼女は何を思ったのだろう

「俺とお母さん、レジ待ちのお客さま、全員「えーーー!」って笑った。
「それは読めなかったです」と俺。
「あんた馬鹿だねえ」とお母さん。
みんな微笑んでる。
「そんなに言うんだったらお母さんやれば良かったしょ」 娘はちょっと拗ねてる笑」......

このノートを読む
    

なかた*よりこ

19 

厚かましさ。

「私の周りで「こと」成す人には
程よい厚かましさがあるように思う。

普通はちょっと遠慮して、言いにくいような場面で
グイっとそれを発揮する。

しかたがないなぁ・・と言いながらも
周りは引っ張られる。

動き出す。」......

このノートを読む
    

一日一便

49 

除湿機礼賛

「最近、毎日毎日除湿機が大活躍しすぎて笑いが止まらない。もしも過去の自分に何か一言伝えられるとしたら、中学に入学する前に「除湿機を買うよう親を説得しろ」と言いたい。そうすれば、チャリ通学用の学校指定の白い雨ガッパがカビることもない。そしてそのカビだらけの雨ガッパを着たまま好きな男子に告白してしまうこともない。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

えー、アプリの開発が少し伸びておりまして、もしかすると次回のShortNoteだよりの配信は7月12日(火)辺りではなく、1週間飛ばして7月20日(水)辺りになるかもしれません。でもできるだけ12日に配信するよう頑張ります。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓