タコリ

マチルダ

68 

選択に責任を持つ

「いつも、究極の切り札として持っているのは
「しなくちゃいけないことなんて、なにもない」ということかしら。
反対に返せば、いまやってることはすべて、自分で選んでやっていることなのよ、ということ。
誰からも強制されてなんていないのだし、
究極に無理ならいつでもやめてもいいんだっていうこと。
選択肢はじぶんでつくれるんだってこと。」......

このノートを読む
    

慶次郎

23 

冬の雨、エンジェルの傘

「彼女は傘を持っている。

「私の家、すぐそこだから、傘貸してあげる。」

自分は返事もせずに、ただ首を横に振って早足で逃げた。」......

このノートを読む
    

25 

「僕はその紙質に恋をしました。
今までの紙よりも、厚みがあるというか、丈夫というか。
そして色も眩しくなく、あたたかい。
ページをめくるのがついつい楽しくなる紙のすべる音。」......

このノートを読む
    

テグラ

35 

ちがうはちがう

「ある日、鉛筆を変に持っていた我が子に対し「違うでしょ!」と叱ったのに対して、我が子は「ちがうはちがう!」と反論してきて、それで気付かされたことがありました。
そうなのよ。違うことを我が子はしていないのよ。
我が子がやりたいことは鉛筆がちゃんと持てることではなくてその白い紙いっぱいにアンパンマンを書きたいことなのよね。」......

このノートを読む
    

にこねこ

33 

「世の中のいろんなことは、勉強したり練習したり、修行を積んだりしないとうまくできないのに、どうして、「親になる」「子どもを育てる」ってことだけがぶっつけ本番でうまくいくって思われてるんだろうね。」......

このノートを読む
    

モジャモジャ王子

36 

会ったら名前を呼ぶと好感度が上がるシステム

「とても感じの良い人がいて「なんであの人は感じが良いのだろう」と思うと、会うと必ず

「〇〇さーん!」

と名前を呼んでくれるのである。

これを "コール値の高い" 人と定義したいと思う。」......

このノートを読む
    

はな*はな

61 

同じ過ち

「現在午前1時半過ぎ。

娘が帰ってこない。
もう終電も無いのに。
ケータイも繋がらないしLINEの既読も付いてない。」......

このノートを読む
    

一日一便

56 10 

Pepperとの遭遇

「勇気を出して
「こんにちは」
と言いかけたその時、彼はいきなり被せるように

「あなたって、とても個性的な顔をしていますね!」

と笑顔で言い放った。」......

このノートを読む
    

るみこ

35 

名前

「私の本名。

たぶん、所謂キラキラネームのはしり、だと思う。

私は自分の名前が好きで、この名前をつけてくれた両親に感謝している。

だけど、子どもの頃は、名前を言うのが恥ずかしくって仕方なかった。」......

このノートを読む
    

ぼっくり(松)

38 

ホラー

「どうせ自分しか使わないからと、仕事でよく使う資料をまとめて保存してあるフォルダに「死霊」と名付け、そのフォルダを開けようとする度に「何かおどろおどろしいものが飛び出てきたら困る〜」とか思う、っていう自作自演を日々職場で密かに楽しんでいるんですけど、先日、それほど親しくない会社の同僚に「死霊」の存在がバレてしまいました。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

梅雨にダルくなることを「梅雨ダル」というそうですね。なんだか音の響きが調味料みたいです。
次回の配信は6月14日(火)辺りの予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓