住めば都

よろひ「我が家のオンボロさ加減」より:

へなちょこ

40 12 

強い人弱い人

「弱者を全面にアピールする人が若干数いる。
厭ないい方をすると
【弱さを売りに求めるものを搾取する】
というやり方で、先日のnoteで書いた『ズルい』や『クレクレ』にも似ているかもしれない。」......

このノートを読む
    

山久 友

20 

書き続ける

「わたしは、書き続けたい。
やっぱり「始める」「やめる」「変える」より、「続ける」って、エネルギッシュでエキサイティングなんだよなぁ。
どんなにヘロヘロでもドロドロでもズブズブでもいいから、書き続けたい。
書かない自分に耐えられないのかもしれないし、書いてる自分に酔いたいだけなのかもしれない。
それでもやっぱり書いていない時間が長く続くと禁断症状のように苦しくなる。」......

このノートを読む
    

梟小僧

55 

あの話の結末

「彼には、彼の考えた「黄金ルート」があったんですね。そのルートなら、父であり夫である自分も手伝ってあげられる、力になってあげられるっていう。それを完全に拒否されたことが、夫としても父としても、かなりショックだったようです。
私が「今の時代、このルートだけが正しいってのはないんだから」と慰めても、彼はテキーラ呑んで溜息ばかり。

で、私、なんとはなしに言っちゃったんです。
「傷ついちゃったんだねえ」と。」......

このノートを読む
    

yayoko314

47 22 

明日からもよろしく

「ここにはさまざまな人がいて、それぞれの苦悩や喜びがあるなかで、だいたいの人はしんどそう。だから、わたしはこれからもなるべく、楽しいことを書こうと決めている。
でも、受け取り方もさまざま、人もさまざまで、ごめんなさいなときもあるから、本当はなにも言わないでいるのが利口なのかもしれないと思うときもある。」......

このノートを読む
    

Pinemi

15 

子どもたちのいない日

「子どもたちがいなければ、わたしは多分何もしないんだろうなと思う。
料理も食べてくれる相手がいなければしないし、今夜作っているものは、明日以降の子どもたちのいる生活のためのものばかり。
掃除も、洗濯も、結局は自分がというよりも子どもたちが気持ちよく生活出来るため。
買い物に行けば子ども服しか買えない、というか、買わない。
わたしはちゃんと自活して充実して生きているようで、子どもたちがいなくなったら、何のために生きているのかわからなくなるんではないか、なんてことを考えたり考えなかったり。」......

このノートを読む
    

柔樹紅男

61 

青木まりこさんへ

「本屋によく行かれる方、こういう経験はないだろうか?

『なぜ本屋に行くと、トイレに行きたくなるのだろう?』

すでにご存知の方もおられるだろうが、この現象には"青木まりこ現象"というれっきとした名前がついている。

そのルーツは1985年『本の雑誌』に掲載された一通の投書から。」......

このノートを読む
    

倉雲響介

21 

かわいい彼女の作り方

「『だがな、童貞の牛田くんは知らんだろうが、一ついい事を教えてやろう』
『な、なんだ......?』
『彼女ってのはな、可愛い可愛いって信じて言えば、本当に可愛くなってく生き物なんだよ』
『え、えー! ......あーでも、あー。うん。お前と付き合ってからそうだわ。付き合い初めてからすっげぇ褒め倒して、そっからどんどん綺麗になってったもんな』」......

このノートを読む
    

ぎりさん

16 

人の顔に泥を塗るのは楽しい〜クレイマスクでフェイシャルパック

「両目にコットンを乗せ、ガーゼを被せます。直で塗ると取るときに洗顔が必要ですがサロンだと洗えませんからね。でもガーゼの上からでもOKです。で、トリートメント後で意識がゆるんでいる中、お顔にペタペタと筆で泥を塗っていきます。

これがまあ、楽しいんですわ(笑)

絵の具でキャンパスに色を塗っていく楽しさといいますか、キレイに塗り上げようとする行為自体がもうなんか楽しくて仕方がない(笑)。キレイに塗れたときの達成感といいますか、「完成!」ってなったときのやりきり感が気持ちいいです。そういう経験が日常ではなかなかないですからね。」......

このノートを読む
    

chidaxxx

56 

ばぶばぶアフター5

「『○○さん、定時過ぎてもあんまりいるようだったら、赤ちゃん言葉になるからね』
『え? はい』
―〈定時から1時間後〉―
『あれ、まだお仕事たまってるんでしゅか、大丈夫でしゅか? 』
『あとちょっとなので...』
『てちゅだいますから、言ってくだしゃいね』」......

このノートを読む
    

Dear Prudence

41 13 

電脳チョコ

「今年彼女からもらったチョコはデジタルな味でした。(リアルにこれだけだった。デジタルだけど) みなさんもおひとついかが?
■■■■
■■■■」

このノートを読む
    
【編集後記】

iOSアプリに対するたくさんのフィードバック、ありがとうございます。ひとつひとつ丁寧に読んでいます。
ShortNoteのiPhoneアプリ、クローズドベータのテスターを募集します

ShortNoteだよりは次は3月30日(水)辺りに配信予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓