完成前の絵には独特の魅力がある。

kndisk(兄)「ラクガキです(。-∀-)」より:

不如帰

40 



「冷たくなった指先が末端から痺れているような感覚から手がグローブみたいに膨らむのは一瞬だった。見たことない形になっていく、全身のそれぞれの部位がブクブク膨らみだして気管を押し、少しずつ息ができないでいるのが自分でもこれはヤバいやつだとわかったから意識があるうちに冷静にと、這いつくばりながら子機を取り119を押した。」......

このノートを読む
    

みゆお

37 

眠たさを殺せない

「それにしても、なんなんだろうね、ああいう、歩くWikipediaみたいな男の人って。」......

このノートを読む
    

SAKURA

39 

長男の絵

「先日幼稚園でちょうどその時与えられたテーマに気分がノったらしく、またちょっと独特な絵を描き、その絵がなんと全国的なコンクールで大賞をとってしまった。」......

このノートを読む
    

はちすけ

28 11 

ダメな大人たち

「物凄く腹が立ったので、長女の胸ぐら掴んで追い出してやろうと思ったのですが、妻からは、

「あなたたちのコミニケーション不足が原因なんだから、貴方も悪いのよ」

と言われてゲンナリしました。

いやいや、私が悪いの?」......

このノートを読む
    

よろひ

12 

買っちゃった。

「今回のプリキュアは本当~に素晴らしかった!
キャラもストーリーも作画も1話としてぬかりのある回がなくぐいぐい引き込まれっぱなしの1年間でした。」......

このノートを読む
    

ぽこ

33 

昔の名前で出ています。

「ある日、彼に、最初は結婚するつもりで呼び寄せたけど、思っていたのと違った...でもなかなか言いだせなかったと言われた。
だから結婚はできない。でも悪いから、気がすむまでここで暮らしてもらってもいいとも言われた。」......

このノートを読む
    

suzune_rari

12 

正常性と異常性の論理

「わたしはAだと思います、という人に対して、わたしはAではなくBだと思います、ということは、一見簡単。
でも、そのなかに、「Aって考えるなんて信じられない」「普通、Aって考えなくない?(これがもっとひどくなると、まともな神経してれば、という表現になる)」という考えを込めずにいるのって、案外難しいのではないかと。」......

このノートを読む
    

Pinemi

33 

お母さん度<お父さん度

「仕事に行かなければ子どもたちを食べさせられない。仕事に行かないと、職場に迷惑をかけてしまう。
でも仕事に行っているばっかりに、わたしは子どもたちの大事な部分を見落としているんじゃないだろうか。」......

このノートを読む
    

norio

31 

私の白歴史02

「肉体労働者である祖父は屈強な体であると同時にアルコール中毒であり、毎日酒を求めて家庭内にとどまらず、地域ともめ事を起こした。

父親はそんな祖父と毎日のようにケンカをした。幼い僕にとってはどちらも同じくらいの恐怖だった。
祖母はそんな状況に油をそそぐような対応をしてしまう癖があり、もはや毎日家のなかは酷いありさまだった。騒動は夜通し行われるので、もちろん夜も満足に眠れない。とにかくそんなことが毎日続いた。毎日。本当に毎日だ。」......

このノートを読む
    

くるみ

53 

「「行くこと応援してる。さっきみみっちいこと言ったのは私じゃない、そこにおる虫が言った。(笑)」って。
なんだか、わーってなってもっと泣いた。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

最近寒くて、布団から出るのに一苦労です。みんなどうやってスッキリと起きているでしょうか……
次回の配信は2月2日(火)辺りの予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓