素敵な秋景色。

むらき「そういえばの話」より:

せんまい

41 

テツオの思い出

「冷静ならばこんな時間に、知らない男性を、扇情的な寝巻き(一人暮らしの憧れから購入)で家に上げるほうが危ないと思いそうなもんだが、その時は即答でありがとうございますっ!! と土下座の勢いで家に上げた。」......

このノートを読む
    

までらいん

11 

#離乳食メモ 育児のアルゴリズム

「育児のアルゴリズムって

親がやってあげる・やってみせる→親が手伝う(親主導から子主導へ)→子供がやるのを近くで見守る→子供がやるのを目の端で見る→子供がやるのを遠くで見守る

の繰り返し。」......

このノートを読む
    

犬一

23 

「「今が一番大変だけどそんなの人生のほんの短い時間よ。育児を楽しんでー」なんてアドバイスが一番嫌いだった。
「今がつらいの。体がきつくてぼろぼろなの。こんなの楽しめねえよっ!今助けてほしいの。今だよ、今!」っていつも思ってた(どんだけ余裕の無い育児だ)。」......

このノートを読む
    

髑髏石

14 

山の上の中学校

「中学までの30分程の急な坂を、不自然な距離を保って登る母と息子。気恥ずかしいのであまり振り返りもせず、淡々と通学路の坂をただひたすら登り切る。やっと校門に到着し、初めて後ろを振り返ると、後から辿り着いた母がうっすらとかいた汗をハンカチで拭いつつ、こう言った。
「アンタ、大きくなったね。」
ちょっと嬉しさと寂しさが入り混じった微妙な表情。それを見た時、途端にどうしようもなく申し訳ない気持ちになった。」......

このノートを読む
    

106

27 

美しい世界の理り

「僕は少し黙った後「できれば理解して欲しいので、少し休んだ後、僕の話を聞いてもらえるかな?」と言ったけど、「いや、不快だから帰る」と帰り、何時間かあと、facebookを見てみると「家族が病気になった時」みたいなエッセイが記載してあって、沢山のLike! がついていた。
<中略>
父は「大変な手術を受ける可哀想な人」ではない。僕の父は僕の父で、可哀想とか大変だとかを決めるのは父自身だ。だから僕は、君の考えるそうした美しい世界の理りで父を縛ってほしくない。 」......

このノートを読む
    

tshtch

45 

モテ期のきっかけの話

「もし誰かの役に立ちたいと思っているなら、まず自分が幸せになる事だ。決して髪を振り乱して誰かの為にと走ってはいけない。女なら、絶えず魅力的である事だ。自分なら誰に助けられたいか、どんな人間にならついていきたいか、一緒に山を登ってみようと思えるか考える事だ。」......

このノートを読む
    

梟小僧

61 

バカ娘の人生を変えた「おにぎらず」

「母親である同級生が退院して感動したのは、娘の偏食が改善されたこと。
お弁当つくる→彩りが悪いと可愛くない→ニンジンでオレンジを、プチトマトで赤を、ピーマンやブロッコリで緑を→美味しくないけど食べられる。
「可愛い」がもたらすモチベーションって凄いものがあるんだなあ。」......

このノートを読む
    

yuki

20 

プリパラに見る母娘の共依存

「今は「いい子」をやめられなくても、「いい子」のままでも、いつかきっといい子の殻を破るくらい自分を突き動かす何かと出会えるって夢を与えてもらった。
むしろ、「いい子」でいるからこそ掴めるチャンスもあるし、恵まれる幸運もあるし、無理に変えようとしなくてもいいんだな、
このままでもいいんだな......。」......

このノートを読む
    

整数

24 

この陰茎は無料ではありません

「「あの日、車の中で流れていたあの曲は誰の何という曲だったのかな」みたいな欠落を抱えて生きていくのは楽しい。何年か後に何かのきっかけで突然判明するかも知れないし、一生誰の曲か分からないまま記憶の中の曲が実際の曲より美しく輝き続けることもあり得る。今はインターネットで調べると何でも分かってしまうので、むしろこういう楽しみは貴重だとさえ思う。」......

このノートを読む
    

茗荷谷

16 

デパート考

「日本のデパート、特に新宿伊勢丹は世界一だと思う。日帰りではとても見て周れない。30センチ移動するごとに素敵なものが心を鷲掴みにする。季節や流行に合わせて、テナントも特設売り場もディスプレイも変わる。伊勢丹は生きている。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

次回は12月22日(火)辺りに配信予定で、今年はそれでお終いです。お楽しみに。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓