第3回MVN結果発表しました! 今回も2ノート選出です。

粗忽長屋

42 12 

後輩くん、会社辞めるってよ。

「〜思い出その⑦〜
私「あのさ、毎日毎日居眠りしてんのバレてっから。そんな眠いなら昼休みに寝たらええんよ、私や先輩も寝てるでしょ」
後「いや、それはみっともないなと思って」
私「(#^ω^)」」......

このノートを読む
    

ルーノ

15 

オットが仕事を辞める話 2

「昨日付けで無事に退職となったオット。
夕食の前に「退職おめでとうだね〜」と言ったらオット、
「ああ、おめでとうなんや...」と苦笑いしていた。

そうだよ、おめでとう、なんだよ。
次へと進むことができるおめでたい日なんだよ。」......

このノートを読む
    

sweep

16 

大人の整理整頓とは・・・。

「本当は整理整頓してスッキリしたいはずなのに、例えば本棚には「片づけ本」(大体積読だったりする)がギッチギチにならんだりしては本末転倒なのではないかと思っている。」......

このノートを読む
    

28 

私だけが知っていればよいことだ、私の最強をね

「何が自分を幸せにするかは、結局は自分にしか分からないのかもしれない(もしかしたら自分にも分からないことなのかもしれない)。」......

このノートを読む
    

モジャモジャ王子

勘違いで相談される仕事が一番面白い

「思えばエポックな仕事は大体勘違いからくるのである。」......

このノートを読む
    

ひなた

12 

僕がほめられる一番の方法

「「ぼくのおかあさんはね、べんごしなんだよ。おとうさんは、○○だいがくのきょうじゅ」

まだあっくんのことをわかっていなかった私は、失敗しました。

「それはすごいね」

あっくん、このとき4歳半、だったか。
すでに、他人から「すごいね」と言われる情報を把握していました。
それは、両親の仕事。」......

このノートを読む
    

Res:Q

42 

いじめの後に

「僕は、その子の怯えた目を見ながら、人は簡単に死んでしまうかもしれないと思いました。自分に恐怖を与えていた人間の怯えた目を見たとき、憐れみと同時に自分に対する恐怖を感じました。人は簡単に死んでしまうのかもしれない。僕は悲しくなってしまい泣きました。涙が止まりませんでした。自分の死と他人の死が自分の中に生まれました。自分の力は死を作ることができる。裂けた拳には死のリアルな感触がありました。人は誰でも死を作り出す力がある。」......

このノートを読む
    

向日葵

いのなかのかわず

「今息苦しさを感じている世界は、世界のほんの一部だよ。
ちょっと手を伸ばせばすぐそばにまた違う世界があるし、たくさんある世界の中には居心地の良い場所が必ずあるんだよ。」......

このノートを読む
    

kai

41 

子供の手

「心配してそのテーブルに行ってみると、あの男の子のお母さんが、携帯を手になにか注意している。

「どうかされましたか?」

努めて平静を装い、お声掛けしてみれば「こんな下手くそなの、SNSに投稿できない!」との返答。

珍しく、頭が真っ白になった。」......

このノートを読む
    

までらいん

29 

せつない片想い

「子供に片想いをさせてはならない。

と思い、現状に自信を持った。

将来、ヘンリーが大きくなって、どこかの女子だか男子に想いをよせ、報われない気持ちに身悶えしたり、頭を掻き毟ったり、涙するのは構わない。
でも、わたしにはいつでもモテモテで、自信満々でいてほしい。」......

このノートを読む
    
【編集後記】

だよりを作っていて、ブローティガンの「ウェルはよくない、オネストに書け」という言葉を思い出しました。ShortNoteはそんなノートに満ちあふれていて、良いですね。
次回は10月13日ごろ配信予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓