文献によると、この祭りの後、ShortNote一周年記念企画「第一回ショートなエッセイ/コラム大賞!(賞金Amazonギフト五万円分)」がはじまったとされている。

クラゲさん

20 

「8歳児が「ちょっと聞いていい?」と質問をしてきた。

「あのさ、時速160キロで・・・」

(算数が苦手な私は遂にこの種の質問が来たかと身構えた)

「時速160キロで、ほっぺにサイコロステーキが当たったら、どうなる?」」......

このノートを読む
    

FRAGILE

サイコロステーキが時速160キロでほっぺにあたったら

「トムとジェリーのギャグしか思い浮かばなかった自分は」......

このノートを読む
    

へなちょこ

16 

ナンセンスギャグな展開しか想像できない。

「飛んでくるサイコロステーキを受け止めるおとーさん。
サイコロステーキはおとーさんの箸とお茶碗を持つ手をかすめて頰に直撃。
160kmの速度と共に飛ばされるおとーさん。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!」
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!」
「おとーさぁぁぁぁぁぁぁんんん!」
家族から湧き上がる阿鼻叫喚。」......

このノートを読む
    

Rider04

13 12 

どうでもいいけど、タオパイパイ

「サイコロステーキに乗って、時速160kmでほっぺたに当たりにいく桃白白」

このノートを読む
    

十日自負☺

10 

時速160キロで、ほっぺにサイコロステーキが当たったら

「新垣結衣あたりが160キロでほっぺにぶつかってきたら、ちょっと考える。」

このノートを読む
    

入り江わに

10 

サイコロステーキとモノポリー

「子どもと言えど侮れない、クラゲさんの息子さんにも、何か理由があるはず。」......

このノートを読む
    

たかのん

10 

「1.サイコロステーキが成型肉の場合
<中略>
2.サイコロステーキが成型肉でない場合
<中略>
3.逆にサイコロステーキに向かって時速160kmで当たりにいく場合
<中略>」......

このノートを読む
    

(雪殻)※ のの に移ります。

12 

#サイコロステーキが時速160kmでほっぺたに当たったら

「#サイコロステーキが時速160kmでほっぺたに当たったら 上手く焼けるのか?を考えてみたいと思います。

え?焼けるわけない?

いや分かんないよ。車に急ブレーキかけたらタイヤが焼けるくらい熱出るじゃん。
160km/hだよ。焼けるかもしれない。

で、手描きで計算した結果がこちら!↓」......

このノートを読む
    

8月~12月

20 

「サイコロステーキがぶつかって止まるという現象は
質量0.05(kg)の物体が速度44.5(m/sec)で移動し力いる時に力Fが0.1(sec)の間作用して速度が0(m/sec)になるということなので
0.05×44.4-0.05×0=F×0.1
これより
F=22.2(N)=2.27(kgf) [1(kgf)=9.8(N)]

よって衝突により2.27(kgf)相当の力がかかります。」......

このノートを読む
    

山久友

12 

時代を切り拓くのは?

「それでも、ひとつだけ言えることがある。
それは、8歳の少年が「サイコロステーキが時速160kmでほっぺたに当たったら」という疑問を投げかけると、イイ年をした多くの大人たちがかくも大騒ぎする――ということ。
時代は、いつも若き世代が切り拓くのだなぁ......。」

このノートを読む
    
【編集後記】

というわけで、まだまだ、お気に入りのエッセイの応援やエッセイの応募そのもの、募集中でございます。お待ちしています!
一方、ShortNoteだよりの次回の配信は、6月2日(火)ごろ予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓