美容師が「質がいい」とオススメしてくれたシャンプーがこれって......

Dear Prudence「シャンプーの話」より:

ロベルト・マッチョ

29 10 

愛する娘から衝撃の言葉を受け、ちょっと立ち直れないくらいショックを受けている

「先週の週末、愛する娘(中2の14歳)から衝撃の言葉が発せられた。

「もう、お父さんの隣では寝たくない。4月からは自分の部屋で寝るからベッドが欲しい」

ついに...このときが...来てしまったか...」......

このノートを読む

8月~12月

33 

知らんけど

「大阪の人が話の最後に「知らんけど」って付けるのを無責任だとか投げやりだとか思ってる人が居るみたいなんですが、ちょっと説明させて下さい。」......

このノートを読む

chiisanaehon

33 

引っ込ませようとした話

「すると、患者さんは小さい声で、でもハッキリと「ガクセイさん、いつもシンパイしてくれて、ありがとうね、ありがとうね」と話してくれた。

僕は、それを聞いた時に、少しの驚きと、看護学生時代の緊張感の記憶と、患者さんから褒められた嬉しい気持ちの記憶がワーッと上がってきて、それらがごちゃ混ぜになったような感情で胸がいっぱいになった。」......

このノートを読む

にこねこ

28 

「歌を歌う時に、感情をこめないで歌うんだそうだ。ただひたすら、言葉とメロディを正確に届ける。

ちょっと意外だった。歌は情感が大切で、思いっきり自分の感情をこめて歌うのがいいのかと思っていたから。それが「表現」ってものなのかと思っていたから。」......

このノートを読む

Lily

28 

本意ではありません!

「「この大学にいることは私の本意ではありません」
大学入学して初めてのクラスでのこと。
自己紹介の時、こう言い放った女子学生が居た。
クラス内は、小さくどよめいた。」......

このノートを読む

雨香。

33 

卒業

「私は中学は不登校で、フリースクールで3年間を過ごしました。高校は、そのフリースクールと一貫校の関係である通信制サポート校という形態の学校で過ごしたので、中学と高校それぞれ場所は違うものの、6年間を同じ学校で過ごしたことになります。」......

このノートを読む

いぐさ

34 

不登校ってさ。

「そんな時、ふと思った。
"私は学校に行かないという選択を自分でしたんだ"

そう思った瞬間、強張った体が一瞬で緩んで涙が出た。

全日制の高校に行けない覚悟を決めた。他の人より苦労する事を覚悟に決めた。
そして、自分を褒めた。
今までよく頑張ったと。」......

このノートを読む

粗忽長屋

31 

器が小さい

「「器が小さいってこういう意味なんだ・・・わたし、これから器が小さい人に会っても、これを思い浮かべれば許せるかも知れない」」......

このノートを読む
【編集後記】

ShortNoteだよりのバックナンバーページのデザインが、かっちょ良くなりました。良かったら過去のも見てみてください。
次回は3月17日ごろ配信予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓