新機能「ウォッチ」をリリースしました。フォローを100倍気軽にした機能です。詳細はこちら→ ウォッチしてみよう

へなちょこ「カヌレスゲー!!」より:

lucy

34 

不義

「ウチの奥様と知り合ったとき、僕は21歳で彼女は34歳だった。幼稚園の娘がいて、ダンナさんはお金持ちで左ハンドルのEクラスに乗っていた。」......

このノートを読む

めがね

29 

誕生日という通知表

「でも、ある方からひとつ嬉しいプレゼントをいただいたんです。

彼とは音楽を通して去年知り合い、それからはライブハウスで会う音楽仲間的存在。
音楽の趣味がばっちり合ったので、わりと人見知りする私でもすんなり仲良くなれた稀有な存在でもある。
バンドを組んでいて、トランペット奏者。
ひとよんで、ラッパをこよなく愛する男です。(そのままや)

そんな彼から、誕生日の朝、LINEでメッセージが来ていた。
開くと、どうやら音声ファイルが送られてきている。
再生。

ラッパが奏でるHappy Birthdayのメロディーが流れてくるではありませんか。」......

このノートを読む

ザリガニ

35 

別れたくない

「結婚しているのですが、ここ6年ほど深くおつきあいしている相手がいます。
なんども別れようと思いながら、ずるずると来てしまいましたが、今回は本当に別れることになりそうです。
配偶者から「もういい加減に、あの人と別れて欲しい」と言われたのです」......

このノートを読む

nama

21 

忘れる話

「1.「あらっ、やぁねぇ、ありがと〜」...60代女性という感じ
2.「いやぁ、これは失敬!」...紳士という感じ
3.「うっかりうっかり!」...八兵衛という感じ
4.「いいねぇ!いい目を持ってるよ!輝いてるよ!」...修造という感じ」......

このノートを読む

ましろん

26 

「勇気もないし自信もない私はこじらせアラフォー女子。今日が14日でなくてよかったな、なんて自虐的になりながら外に出ると彼がいた。私、いきなり持ってたチョコを渡した。彼は受け取ってくれて、俺と付き合ってほしいんだけど、って言った。わあ。」......

このノートを読む

sunada0412

29 

本当にいろいろあった

「僕の青春は、東京とともにあった。

急遽ではあるが、青春のページにひとつの区切りをつけなくてはならない

2015年1月末。

僕は、青春を捧げ、心から愛した東京を離れた。

不思議なもので、転勤が決まってから見る東京の景色は、本当に美しいと感じた。

ビルに囲まれた狭い空の色も、アスファルトに打ちつける雨の音も、電車が通り過ぎる風のにおいも、曲がりくねった路地裏も、人混みの喧騒も、夜でも明るいネオンの色も、何もかもがみんな愛おしかった。」......

このノートを読む
【編集後記】

今年も進撃の巨人梅酒が発売されました(作者の実家が梅農家だそうで)。
去年も買って、とても美味しかったです。また買わなきゃ。
次回更新は3月3日(ひな祭り)ごろの予定です。

↓ 毎日人気のノートをお届けしています

   Google+  tumblr

読み足りなければ以下もどうぞ ↓